京都市長選挙2020: 現職 門川大作 候補のデタラメたばこ行政に終止符を!

2020年の京都市長選挙は間もなく2月2日(日)に投開票日を迎える。

現職の門川 大作(かどかわ だいさく)候補は、タバコが大好きである。市会でもヘビースモーカーと指摘されたことがある。JTやたばこ商業協同組合と非常に仲がよく、頻繁に接触するだけでなく、受動喫煙対策にも関与させている。そのことを自身のブログで露にして憚らない。

これではとてもじゃないが、市民や観光客また従業員をタバコの害から守れない。京都市の広報資料や公開文書をもとに、そのデタラメっぷりを少しだけ紹介する。

f:id:muen_desire:20200128204547j:plain
いざ 2月2日 京都市長選挙

ヘビースモーカー?

実際のところや、現在どうなのかは分からないが、平成31年3月13日の予算特別委員会(第5回)において、大道義知議員による『極めてヘビースモーカーの方だった』との指摘が議事録に残されている:

f:id:muen_desire:20200128203740p:plain
大道議員の発言(平成31年3月13日の予算特別委員会)

デタラメ受動喫煙対策: 店頭ステッカー表示

京都市の飲食店の禁煙化が進まないのは、受動喫煙対策にタバコ産業を関与させているからである。「禁煙」「喫煙」「分煙」などといったステッカーを店頭に表示しても意味がない。これを一緒になってやっている。

f:id:muen_desire:20200128224543j:plain
ステッカー例

ステッカーは飲食店を選べない立場にある人や従業員を受動喫煙から守ってくれない。京都に不案内な外国人観光客も禁煙店探しに苦労する。世界の常識は屋内完全禁煙である。

ステッカー表示は、京都府京都市そして事業者からなる「京都府受動喫煙防止憲章事業者連絡協議会」との3者が平成25年5月31日に「受動喫煙防止対策を推進するための連携に関する協定書」を締結して始まった事業である。「官民一体で取り組む」などと聞こえのいいフレーズで広報していたが、実はタバコ産業が大きく関わっている。

f:id:muen_desire:20200128230236j:plain
広報資料「~官民一体で取り組む~ 受動喫煙防止の推進に関する連携協定の締結について」

協議会には飲食店などの同業組合が参加するだけでなく、京都たばこ商業協同組合が副会長を務めている。さらにはアドバイザーとしてJTが関与している。平成29年6月12日に行われた協議会の会長及び副会長の交代に伴う市長表敬にはJTからも3名参加した。市の相手方9名の出席者のうち実に過半数5名がタバコ関係者である:

f:id:muen_desire:20200128224035j:plain
座席図(協議会会長及び副会長の交代に伴う市長表敬)

門川候補はこの訪問を臆面もなくブログ記事にしていた:
http://www.kyoto-daisakusen.jp/activity/index.cgi?2668


その後さらに、京都市平成27年12月8日、この店頭ステッカー表示の普及に、JTを協力させる包括協定書を締結した。これでは禁煙化が進まなくて当然だ。

f:id:muen_desire:20200128231558j:plain
受動喫煙防止対策を推進するための店頭ステッカー表示全市拡大等に関する連携と協力に関する包括協定書


昨今、東京都や大阪府で成立したような受動喫煙防止条例など望むべくもない。健康増進法が改正されたことを受け、府と市と協議会3者間の協定も平成30年12月20日に改められたが、店頭のステッカー表示を推進するという基本内容に変わりはない。


京都府受動喫煙防止憲章事業者連絡協議会が平成24年7月に設立した背景には、当時の条例制定の動きへの反対があった。府と市が協議会との関係を解消しない限り、京都の受動喫煙対策は進展しないだろう。

JTからの表敬訪問や工場視察など: 5年間で計21回

門川候補はJTと非常に仲がよい。平成26年度からの5年間で、なんと分かっただけでも20回もJT(日本たばこ産業株式会社)の会長、社長、工場長、支社長・支店長などから訪問を受け、平成31年2月には関西工場の視察まで行っている。

令和元年9月25日には、JTの社長が表敬訪問した:

f:id:muen_desire:20200129000007j:plain
日本たばこ産業(株)・寺畠正道社長の市長表敬訪問について

この訪問もブログに記していた:
http://www.kyoto-daisakusen.jp/activity/index.cgi?8021


こういったJTとの接触に関する日程資料が平成26年度以降他に20ある。これだけタバコ産業と親密な関係を築いていれば、タバコ対策が進まないのもよく理解できる。

京都たばこ商業協同組合からの表敬訪問など: 5年間で計8回

前任の桝本 頼兼(ますもと よりかね)氏が市長を務めていた平成15年以降、毎年組合幹部及び顧問の市会議員(自民)が6月~7月に表敬訪問を実施している。

令和元年も例年通り6月28日に実施された:

f:id:muen_desire:20200129002205j:plain
京都たばこ商業協同組合の市長表敬訪問について

組合概要より、重点目標は次の通り:

f:id:muen_desire:20200129002535j:plain
組合の重点目標

(4)に『喫煙環境の悪化を食い止め喫煙場所の確保する』とある。禁煙化が進まない理由がよく分かる。


本市との関係は次の通り:

f:id:muen_desire:20200129003141p:plain
本市との関係
平成24年7月の表敬訪問で、たばこ組合の理事長が、

京都府受動喫煙防止条例制定に向けて急に動き出したので、京都市においてはそのようなことがないように考慮してほしいという内容。

の要望書を提出したことが分かる。

ちょうど京都府受動喫煙防止憲章事業者連絡協議会が設立された時期だ。たばこ事業関係者とのこうした付き合いが、受動喫煙対策の進展を阻んでいるのだろう。

向島ニュータウンのショッピングセンター付近の灰皿が撤去(2019年6月11日)

京都市伏見区向島(むかいじま)ニュータウンのショッピングセンターには、店舗前などに灰皿が設置され、受動喫煙対策が講じられていなかった。

京都市に撤去を要望したところ、管理する京都市住宅供給公社が既に準備していたところであり、撤去した、との返事があった。

店舗前の灰皿

ショッピングセンター内の郵便局前に灰皿が2基設置されていた:

f:id:muen_desire:20200127213822j:plain
郵便局前の灰皿
ポストもすぐ近くにある。ここで喫煙がなされると郵便局やポストを利用する者に対して受動喫煙が生じる。


横から見ると奥にも灰皿があることが分かる:

f:id:muen_desire:20200127213917j:plain
横から見た様子
奥の左手はクロネコヤマトの伏見向島センターである。


近商ストア 向島店の店先にあるゴミ箱の天板も灰皿として利用されていた:

f:id:muen_desire:20200127214617j:plain
近商ストア 向島店の店先にあったゴミ箱


受動喫煙対策は全く講じられていないといえる状態であった。

京都市の回答

京都市に対し、京都市:京都いつでもコールを通じて、受動喫煙対策として灰皿を撤去するよう要望したところ、都市計画局都市企画部都市総務課より次の返事があった:

御指摘いただいた灰皿の撤去ですが,向島ニュータウンショッピングセンター内を管理している京都市住宅供給公社において,御指摘をいただいた時点で既に受動喫煙対策として灰皿の撤去の準備を進めており,御指摘いただいた灰皿については6月11日に撤去しました。

既に撤去を準備していてくれた、とのことであった。

撤去後の様子

確かに撤去されていた:

f:id:muen_desire:20200127220412j:plain
撤去後の様子


近商ストア 向島店の店先からもゴミ箱は撤去されていた。

奈良女子大学が敷地内全面禁煙に(2019年7月1日)

国立大学法人 奈良女子大学(奈良市)が2019年7月1日より敷地内全面禁煙を実施した。改正健康増進法の一部施行に伴う措置。

敷地を囲う柵の外側に設置されたベンチに吸い殻が投棄されていた。学祭の訪問者が喫煙した痕跡と思われる。

大学に指摘したところ、ベンチ付近も敷地内であり禁煙との掲示が増設された。

奈良女子大学における敷地内全面禁煙の実施について

大学のウェブサイトより引用:

平成30年7月に健康増進法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、たばこ(電子たばこ、非燃焼・加熱式たばこ、無煙たばこも等も含みます。)による受動喫煙の防止を図るため、本学では令和元年7月1日から敷地内全面禁煙を実施します。
これにより、現在設置している喫煙所は令和元年6月末までに全て廃止します。
喫煙者におかれましては、敷地外であっても喫煙マナーを守り、吸い殻の投げ捨てなど周辺住民の迷惑とならないようにお願いします。

出典:
www.nara-wu.ac.jp


学内には「大学敷地内全面禁煙」の掲示が各所に見られた:

f:id:muen_desire:20200125222200j:plain
「大学敷地内全面禁煙」の掲示

書き起こし:

注意!!
敷地内(建物・駐車場等)に喫煙所はありません。
敷地内は車内での喫煙もできません。

第68回恋都祭

学祭(2019年11月2~4日)期間に訪問した。

来学者に周知するため、「本学キャンパス内は全面禁煙です」と看板が設置されていた:

f:id:muen_desire:20200125222707j:plain
「本学キャンパスは全面禁煙です」の看板


正門のディスプレイ:

f:id:muen_desire:20200125223204j:plain
第68回恋都祭のディスプレイ

参考:
kotosai68th.wixsite.com

重要文化財の内部及び周囲は禁煙

旧本館と守衛室が重要文化財に指定されている:

f:id:muen_desire:20200125224729j:plain
重要文化財の説明板

そのため、奈良市火災予防条例に基づき喫煙が禁止されている:

f:id:muen_desire:20200125225137j:plain
「禁煙 火気厳禁」の標識(旧本館)

奈良市火災予防条例

(喫煙、たき火等の制限)
第54条の2の3 文化財文化財保護法(昭和25年法律第214号)第2条に規定する文化財をいう。以下同じ。)のある場所若しくはその周囲においては、喫煙し、若しくはみだりにたき火その他の裸火を使用し、又は当該場所若しくはその周囲に火災予防上危険な物品を持ち込んではならない。

火気制限指定区域図

旧本館の内部・周囲が禁煙:

f:id:muen_desire:20200125225407j:plain
火気制限指定区域図(旧本館内・旧本館付近)

守衛室の内部・周囲も禁煙:

f:id:muen_desire:20200125225514j:plain
火気制限指定区域図(守衛室内・守衛室付近)

出典: 火気制限指定区域図 http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1448427425587/files/kuikizu.pdf

喫煙場所の図の剥がし忘れ

喫煙場所を図示した掲示が何ヶ所か剥がし忘れてあった。そのすぐ下に「敷地内全面禁煙」を掲出する際に疑問に思わなかったのだろうか:

f:id:muen_desire:20200125230029j:plain
喫煙場所の掲示

吸い殻投棄

正門と道路を隔てた向かいにベンチを設けたスペースがある。ここに吸い殻が投棄されていた:

f:id:muen_desire:20200125230959j:plain
吸い殻投棄

学祭の来学者がここで喫煙し、投棄したのだと思う。健康増進法25条の5に違反する喫煙の痕跡だ。柵で囲われた場所の外側であろうと大学の敷地内であるため、喫煙禁止場所であることには変わりない。

健康増進法より抜粋:

(特定施設における喫煙の禁止等)
第二十五条の五 何人も、正当な理由がなくて、特定施設においては、特定屋外喫煙場所及び喫煙関連研究場所以外の場所(以下この節において「喫煙禁止場所」という。)で喫煙をしてはならない。

奈良女子大学の対応

喫煙場所図の剥がし忘れとともに、総務・企画課に指摘したところ、次の回答があった:

ご指摘の掲示物は撤去いたしました。
門付近のベンチにつきまして、掲示を改めるよう考慮いたします。

掲示が追加

ベンチ付近に掲示が2ヶ所追加されていた:

f:id:muen_desire:20200125231732j:plain
ベンチ付近に追加された掲示(外観)

『ここは大学敷地内です。ベンチでの喫煙は、ご遠慮ください。』と明記されている:

f:id:muen_desire:20200125232031j:plain
追加された掲示