京都市

京都市京北合同庁舎の西側に職員用の喫煙場所を移設(2019年6月28日)

京都市の京北合同庁舎(右京区京北周山町上寺田1-1)には、庁舎の北側に来庁者用、南側に職員用の喫煙場所があった。職員用の喫煙場所は2019年6月28日に西側へと移設された(特定屋外喫煙場所)。来庁者用の喫煙場所は、2019年7月1日より廃止された。庁舎の玄関…

京都第2地方合同庁舎の違法喫煙所が京都市の指導により撤去(2021年3月15日)

第1種施設である京都第2地方合同庁舎(京都市左京区)の1階、ガレージ内の奥まった場所に喫煙場所が設けられていた。管理する京都財務事務所 総務課 経理担当は、ここを特定屋外喫煙場所であるとしていたが、実際は屋内に該当する場所であった。2021年3月15日…

京都市の各区ふれあいまつりにおける路上喫煙等啓発業務委託(~平成27年)について

京都市路上喫煙禁止条例を所管する、くらし安全推進課は平成27年度まで、市内各区のふれあいまつりにおける啓発活動を業務委託していた。審議会の摘録や資料によると、ふれあいまつりにおける啓発活動は、条例が成立した平成19年度から行われていた。今はし…

京都市が京都タクシー業務センターに対し、路上喫煙禁止条例の周知徹底を依頼(平成29年10月16日)

京都市は路上喫煙禁止条例により、市内全域で路上喫煙が禁止されている。しかし平成29年当時、タクシー運転手による路上喫煙について、市への苦情が急増していた。条例を所管するくらし安全推進課は、京都タクシー業務センターに対し、センター登録のタクシ…

京都市の衛生環境研究所に喫煙所がある

京都市の衛生環境研究所は京都市立病院北側に庁舎があった時分より喫煙所があった。令和元年12月から京都府の保健環境研究所と合築した庁舎(伏見区村上町)の運用が始まった。ここにも喫煙所が設置された。この機会にどうして敷地内完全禁煙とできなかったの…

京都市北区役所の特定屋外喫煙場所が健康増進法に違反と指摘(2020年8月7日)

京都市北区役所は平成25年9月より庁舎内禁煙とし、屋外に喫煙場所を設置した。2019年7月1日に改正健康増進法が一部施行された後も、特定屋外喫煙場所として存続された。2020年5月25日、安全衛生委員会での協議を経て、庁舎地下の建物外のスペースへと移転さ…

京都市右京区役所4階ベランダに職員用喫煙所が設置(2018年3月19日)

京都市営地下鉄 太秦天神川駅に隣接するサンサ右京は、区役所(1,2階)、交通局(3~5階)、図書館(3階)、地域体育館(4階)が入居する複合施設である。屋内に喫煙所が5ヶ所もあった。1,2階に来庁者・職員共用のもの1ヶ所ずつ。3,4,5階の交通局専有エリアに職員用…

京都市伏見区役所深草支所の来庁者用喫煙場所が廃止(2019年7月10日)

京都市伏見区役所深草支所には、来庁者用と職員用にそれぞれ1ヶ所ずつ喫煙場所があった。2019年7月1日に一部施行された改正健康増進法に基づき、来庁者用は廃止、職員用は移設された。この変更は安全衛生委員会での審議を経る必要があったため、改正法の施行…

北大路橋西詰交差点の歩道を不正占用する灰皿が撤去(2020年7月)

京都市北区の北大路通りと加茂街道とが交わる北大路橋西詰交差点の南西角の歩道にJTの灰皿が置かれていた。不正占用だ。歩道に勝手に物件を設置してはいけない。この灰皿で路上喫煙する者がいたようで、京都市くらし安全推進課に撤去依頼があった。くらし安…

ラクセーヌはラ・臭ーヌ: 残された受動喫煙所

ラクセーヌは京都市西京区の洛西ニュータウンにあるショッピングセンターである。バスターミナルや市庁舎、銀行や郵便局など様々な施設がある。至るところに灰皿があり受動喫煙だらけの場所であった。健康増進法の改正に伴い令和2年4月より半減されたものの…

京都市上京区役所の喫煙所への苦情「来客を待たせて職員が吸いに行っている」

京都市上京区役所には屋外に喫煙場所があるが、来客を待たせてタバコを吸いに行く職員がいると市民から苦情があった。京都市では勤務時間中の喫煙は特に禁止されていないようだ。財政難の中、タバコを吸いに行く暇があるのだろうか? www.yomiuri.co.jp 市民…

京都市保健所 受動喫煙対策の業務委託費1億円超(令和元~2年度)

京都市保健所(健康長寿企画課)が改正健康増進法に基づく受動喫煙防止対策の相談窓口等業務や監視・指導等業務をJTB京都支店に業務委託している。委託料は令和元年度と2年度の合計で1億1129万1197円にも上る。改正健康増進法の規制内容が複雑怪奇極まりないた…

京都市路上喫煙等対策審議会の摘録(発言者名入り)

京都市路上喫煙等対策審議会の摘録は市のウェブサイトで公開されているが、発言者名は入っていない。京都市に情報公開請求して入手した発言者名入りのものを示す。京都市路上喫煙等対策審議会について: https://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000027624…

京都市伏見区役所醍醐支所の特定屋外喫煙場所による受動喫煙

京都市伏見区役所醍醐支所が設置した特定屋外喫煙場所が原因で、3階の健診室などで受動喫煙が生じている。健康増進法への違反だ。2019年7月1日に一部施行された改正健康増進法により、醍醐支所を含む行政機関の庁舎は第1種施設に分類され、敷地内禁煙が義務…

京都市が職員向けに「禁煙セミナー」を実施(2019年)

京都市行財政局人事部人事課が市の職員を対象として、令和元年度安全衛生研修「禁煙セミナー」を実施した。例年の取組なのかは知らない。内容は、禁煙を「体験」するもののようで、2019年7月12日の初回セミナー(2時間)で講師より情報提供を受けた後、8月19日…

同志社大学が敷地内完全禁煙を実施(2020年4月1日)

同志社大学(京都市、京田辺市)が2020年4月1日より敷地内完全禁煙を実施した。同大学は2019年6月「本学の受動喫煙防止対策(全面禁煙化に向けて)」を発表し、「2019年度末にはキャンパス全面禁煙化を完了する。」としていた: www.doshisha.ac.jp敷地内完全禁…

京都市動物園に職員用の喫煙所

タイのタバコパッケージ京都市動物園は敷地内禁煙であるが、これは利用者に限ったもので、職員用の喫煙所が存在する。場所は分からない。健康管理医による職場巡視で、喫煙所に可燃物が置かれていたことが指摘されていた。 喫煙率の推移 園内は全面禁煙 健康…

京都府立植物園が「敷地内禁煙」に、ただし関係者用喫煙所あり(2019年7月15日)

京都府立植物園では2018年2月5日より来園者用喫煙場所が駐車場南西角に設置されていた。駐輪場の利用者らに受動喫煙が生じるので撤去を要望したところ、2019年7月15日より「敷地内禁煙」となった:「望まない受動喫煙をなくす」ため、令和元年7月15日から植物…

京都市が京都たばこ商業協同組合の「伊藤若冲生誕300年記念パッケージ(観光たばこ)」に補助金115万6千円交付(平成28年度)

京都市産業観光局商工部産業振興課(現、地域企業イノベーション推進室)が京都たばこ商業協同組合の企画した「伊藤若冲生誕300年記念パッケージ(観光たばこ)」に京都市伊藤若冲生誕300年記念 商業活性化支援事業補助金を115万6千円交付した。組合負担は1,464,…

京都市長が京都たばこ商業協同組合機関誌に寄稿(年2回)

京都市長が京都たばこ商業協同組合の機関誌「京煙だより」に寄稿している。毎年2回発刊される正月号と夏号それぞれに組合の依頼に応じて寄稿している。京都市長はこのような関係は解消すべきだ。政治家はタバコ業界と距離を置くべきである。京都府知事も同様…

京都市長が創業50年を超えるタバコ店10店舗を毎年表彰(平成18年~)

京都市長が京都たばこ商業協同組合に所属するタバコ店のうち、創業50年を超える10店舗に毎年「京都市長賞」を授与している。毎年5月の総代会で組合が市に申請した10店舗に表彰状を授与している。京都市は長期間に及ぶ経営を表彰するのではなく、タバコ販売以…

京都市が京都たばこ商業協同組合の「春の観光たばこ2個パックセール」に補助金150万円交付(平成26年度)

京都市産業観光局商工部中小企業振興課(現、地域企業イノベーション推進室)が京都たばこ商業協同組合の企画した「春の観光たばこ2個パックセール」に平成26年度京都市中小企業等収益体質改善支援事業補助金を150万円交付した。組合負担は767,816円。「春の観…

京都市が「たばこを買うなら京都市内で」呼掛け事業を京都たばこ商業協同組合に委託(毎年163~177万円)

京都市行財政局市税事務所納税室納税推進担当が、市たばこ税増収を目的とし、広報物品の製作・配布を京都たばこ商業協同組合に毎年事業委託している。委託料は約177万円(平成26年度~平成30年度)、約163万円(令和元年度)。広報物品とは「たばこの価格には市…

久我の杜・生涯学習プラザの階段踊り場の灰皿が撤去(2020年1月31日)

久我の杜(こがのもり)・生涯学習プラザ(京都市伏見区久我東町216)の2階出入口に向かう外階段踊り場に灰皿が設置されていた。当然、階段を上り下りする者らへと受動喫煙が生じる。健康増進法に規定される受動喫煙を生じさせない配慮が講じられているとはいえ…

京都芸術センターのグラウンド角の喫煙所が撤去(2019年7月22日)

京都芸術センター(京都市中京区 室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)は、旧明倫小学校を改修し、開設された施設である。校庭(グラウンド)の角、受動喫煙が生じる場所に喫煙所があった。京都市に撤去を要望したところ、灰皿が撤去され、2019年7月22日より禁煙とな…

京都市横大路運動公園の喫煙所が移設(2019年度)

京都市横大路運動公園(伏見区横大路下ノ坪1)は体育館の出入口脇や休憩所に喫煙所があった。2019年度のうちに体育館の横(東側)へと移設された。しかしやはり受動喫煙が生じる場所だ。ここに限らず、京都市のスポーツ施設は敷地内禁煙化に消極的だ。 横大路運…

京都市伏見区内の整形外科の灰皿が撤去、敷地内禁煙に(2020年3月16日)

京都市伏見区内の整形外科クリニックの出入口横に灰皿が設置されていた。病院のような第1種施設は2019年7月1日より原則敷地内禁煙が義務付けられた。出入口横への灰皿の設置は健康増進法25条の6に違反する。京都市保健所に通報したところ、管理権原者が灰皿…

京都市長選挙2020: 現職 門川大作 候補のデタラメたばこ行政に終止符を!

2020年の京都市長選挙は間もなく2月2日(日)に投開票日を迎える。現職の門川 大作(かどかわ だいさく)候補は、タバコが大好きである。市会でもヘビースモーカーと指摘されたことがある。JTやたばこ商業協同組合と非常に仲がよく、頻繁に接触するだけでなく、…

向島ニュータウンのショッピングセンター付近の灰皿が撤去(2019年6月11日)

京都市伏見区の向島(むかいじま)ニュータウンのショッピングセンターには、店舗前などに灰皿が設置され、受動喫煙対策が講じられていなかった。京都市に撤去を要望したところ、管理する京都市住宅供給公社が既に準備していたところであり、撤去した、との返…

京都市立浴場が敷地内禁煙化(2019年春夏)

京都市立浴場9ヶ所が2019年の春から夏にかけて敷地内禁煙となった。健康増進法の改正に伴う措置。灰皿は撤去された。市立浴場は2018年4月から屋内禁煙を実施し、灰皿が出入口付近に設置されている施設が多かった。市から「ポイ捨て防止目的の消炎用」と説明…